トップに戻る ご注文フォーム


キダチアロエの葉の皮も。全部まるごと。100%エキス。
キダチアロエ☆エキス100%
防腐剤、甘味料、着色料など添加物は一切使用しておりません!

日本発!!有機JAS認定

高知県四万十川のほとりで有機栽培された
キダチアロエを原料、厳しい衛生管理のもと
にに作られた一級品の健康補助飲料です。

有機JAS認定期間JONA
(日本オーガニック&ナチュラルフーズ協会)
よりキダチアロエエキスとして初めて有機JAS
の認定を取得!

キダチアロエ エキス (500ml)
販売価格\2,500.- (税込 \2,625)

1日の目安は15〜40ml 寝る前に、お飲み下さい。




アロエは昔から「医者イラズ」と言われ、

1.整腸作用
2.抗ガン作用
3.血液浄化
4.美肌効果
5.皮膚の炎症を抑える

などなど、多くの薬効がある有難い植物。
しかし、アロエさえあればお医者さんが本当に要らないというわけではありません。
アロエを継続使用することで、アロエの効能を最大限に発揮し、病気の予防をするということに意義があります。

でも、「苦いから飲みづらい」「飲むだけじゃ・・・他の使用法はないの?」という皆様の声にお応えして
美味しい飲み方や使用法をお教えします♪

天然生薬のアロエなら、副作用の心配もなく安心して飲むことができますので、長く上手に活用していきましょう。

【基本的な飲み方】
1日15〜60cc(キャップ1杯約30cc)を目安にお召し上がり下さい。初めて飲まれる方は、15cc位お飲みになり、適量を見つけていきましょう。
飲み過ぎると下痢をしたり少ないと効果が期待できないので、自分に合った適量を見つけると効果的です。
【キダチアロエエキス + グレープフルーツジュース】
キダチアロエエキス20ccと100%グレープフルーツジュース180ccをミックス。爽やかなグレープフルーツの苦味とミックスされ、朝食に最適な元気ドリンクの出来上がり。

トマトジュースとミックスして、ハチミツやレモンを加えると健康的なジュースに。
【キダチアロエエキス + フルーツカクテルドリンク】
キダチアロエエキス10ccと市販のフルーツカクテルドリンク170ccをミックスすると、キリッとした口あたりの爽やかな大人のカクテルに早代わり。

ビール350ccにアロエエキス10ccを加えると飲み口スッキリ!また、ウオッカにキダチアロエエキス15ccとグレナデンシロップを加えてかき混ぜると、美味しい水割りに仕上がります。


【野菜サラダの和風ドレッシングに】
キダチアロエエキスを和風ドレッシングに適量のキダチアロエエキスを混ぜるだけで、一味違った健康サラダの出来上がり。

◎ 切り傷に・・・ ◎ 肌荒れなど・・・



アロエとは?


■「医者いらず」アロエの効能

(1)「健康維持」
 人間の身体は約60兆個の細胞からできています。細胞は生まれ、
増殖し、そして死滅していきます。酵素は「代謝酵素」「消化酵素」
「食物酵素」の三つに分類され3千種類もあるといわれています。
酵素は複雑かつ多様な働きで、生命活動を維持しています。

 酵素は食事から摂取したタンパク質を材料として生成されたり、
食物に含まれる酵素を利用し、身体を活性化し、健康を維持します。

 アロエは、これら酵素の生成や活動にうまくマッチし、健康を保つ
ことができるものと思われます。

(2)「腸内環境を整える」

 大腸は肝臓と同じく、人間の身体の免疫器官として最重要器官です。
日本人の消化管の長さは約9m(小腸は約6m、大腸は1.5〜1.7m)です。
食物を食べて大腸まで3時間という急ぎで運ばれたものが、大腸に入る
といきなり遅くなります。24時間くらいで排泄されれば快便と言われ、
健康状態といえると思いますが、実際にはなかなかそうはいきません。
3日、4日あるいは1週間と遅いのが普通です。

毎日排便がある方でも、実際は何日か前の便が出ているのが一般的なのです。

  人間の腸内には、およそ百種類、百兆個の腸内細菌(定住菌、通過菌)がい
ると言われています。ビフィズス菌、乳酸菌を主とする善玉菌と大腸菌やクロス
トリジウム(代表格がウェルシュ菌)、あるいは腸球菌、ブドウ球菌などの悪玉菌
が腸内フローラ(腸内フローラ…「花畑」同じ種類の細菌同士が群生。善玉菌が
優勢の花畑であれば、健康が維持され、悪玉菌がはびこると体調が悪くなる。)
と呼ばれるものを作り、住みついています。

  最近の日本人の食事は欧米化し、高脂質・高タンパク質・高カロリーの肉食・
加工食品が多くなっており、食物繊維や水分・酸素が不足がちで便秘症が増え
ています。日本人は動物性脂肪・タンパクを消化する酵素の力はあまり強くあり
ません。腸内に残存物が長く留まると有害物質や毒素の量が増え、大腸内の
活性酸素が大量に発生します。そして、腸の細胞を痛めたり、大腸壁の毛細血管
から水と一緒に有害物質と毒素を吸収し、血液が全身に廻り、様々な病気を引き
起こします。

  しかしアロエは、食物残存物を、欧米食に片寄った食事でもスムーズに排便
を促進させます。そして、消化吸収を助けたり、善玉菌の活動を促し、腸の老化
を防ぎ、腸の健康状態を保ちます。

(3)「血液浄化作用」

 肝臓は、身体の中では最大、最重量の臓器です。沈黙の「化学工場」であり、
最高の免疫器官でもあります。肝臓は、小腸から送られてきた栄養素を分解・
合成して、体内で使える形にしてから血液中に送り出します。

余分な栄養素は、グリコーゲンという貯蔵に適した形に変えて貯蔵し、必要に
応じて、ブドウ糖などの形に戻して、血液中に流します。

  アロエは、肝臓の機能を正常にし、同化作用を促進し、浄化作用を高め、
血液をきれいに保ちます。そして、健康診断の目安になるGOTやGPT、r-GTP等
の酵素量を調節します。

(4)「快便」

 私たちが毎日排泄する大便は、硬さ(水分含量)・色・太さ・臭い等が毎回異な
ります。これはその時の健康状態そのものを表現しています。このうち3分の2は
食べた物の残りカスで、他は腸の中に棲息している腸内細菌やその死骸です。

 大便の硬さ、つまり水分含有量は、普通75〜80%です。90%を超えると下痢便、
60%以下になると兎糞(ウサギの便)状になります。色は、理想的には黄褐色です。
しかし、黄褐色の便はなかなか出ません。これは食べた物にも多少影響されます。

肉体的疲労度により黒ずみ、灰色がかった黒褐色になります。

悩みやストレス等の精神的疲労により、緑色・青色の便が出ます。

病気(例えば風邪等)の時は暗黒色です。出血のある時は鮮紅色です。

太さについては健康であれば太く、病弱であれば細くなります。
 
  アロエは、体調に合わせて摂取しますとたちまち理想的な大便に変えます。
「今日、食べたものが翌日そっくり出る便」これこそ快便です。

アロエは快便の特効薬なのです。


■アロエの種類と利用法

(1)アロエの種類
日本で健康食品に利用されているのは「キダチアロエ」と「ベラアロエ」の2種類です。

キダチアロエは鎌倉時代に中国から持ち込まれ、以後「医者いらず」という異名で
民間薬として日本中の家庭で栽培され、日本のアロエといっても過言ではありません。

キダチアロエは葉全体を利用しますが、ベラアロエはアメリカやメキシコで多く栽培され、
葉の皮の部分は薬用としてのみ利用されて、健康食品には内層部分しか利用されて
いません。

(2)アロエ鉢からの利用法
家庭で栽培しているアロエを飲食する場合はアクが強いため、アク抜きが必要です。
アロエジュースは、ジューサーにかけた後、ろ過し、30分沸騰させ、アクを除去してく
ださい。
アロエ酒やアロエハチミツ浸けは3ヶ月程で食べられるようになります。

(3)アロエ健康食品の購入上の注意
市販されているアロエ食品を飲食する場合、たくさんの商品が出回っていますが、
成分含有量もまちまちです。
信頼できるメーカーの成分含有量を100とすると60もあれば、30もあり、なかには0に
近いものもあります。
品質保証は国の認定である有機JASマークや、(財)日本健康栄養食品協会認定
JHFAマークの食品を選ぶことをおすすめします。

(4)健康食品は薬品ではありません
アロエは、かなりの病気に対して有効に働きますが、薬品ではありません。
あくまでも健康食品です。体質改善や予防医学に利用することをおすすめします。


便秘の方は一度、お試し下さい!
便秘じゃない方も宿便は病気の元です!
キダチアロエで元気な腸を維持しましょう♪


苦いけど、「良薬口に苦し♪」
1日たったの40mlなので、そのまま飲んでも
ジュースなどとミックスで飲んでもOK♪
食後にお召し上がり下さい。

毎日排便がある人でも実際は何日か前の便が
出ているのが一般的です。

皮も全部使用しているキダチアロエは食物繊維
も豊富でスムーズな排便を促進させます。

また、吸収を助けたり善玉菌の活動を促し、腸の
老化を防ぎ、腸の健康を保ちます。

体調や飲む量によって、お腹がゆるくなる事も
ありますので、その場合は量を控えて下さい。

毎日欠かさず1杯!続ける事が大事です♪



箱のデザインが変わりました!

中味は同じキダチアロエエキス100%です。




トップに戻る ご注文フォーム


人気サイト